2005年08月21日

更新していないのは

単純に忙しくなってきたことと

『ミクシィ』に出逢いまして、そちらの勉強に励んでいるからです。

自分なりのペースをつかめたら、また無理のない仕組みで
更新していこうと思っています。
posted by 平成13年パパ at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

一歳の子供の通院に行きました。

といっても、私の母にお願いし、行き帰りのタクシー代わりに
車を出しただけですけど…。

風邪がすっきりしないようです。

私も、花粉症もどきに悩まされずにすんだと思ったら

子供たちの風邪をもらったのか、元気ですが、タンがなかなか切れません。

4歳の子供は元気になりましたので一安心ですけど。

家族が元気であれば、大概のことは、なんとかなります。

健康で笑顔あふれる家庭が一番だと思います。
posted by 平成13年パパ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

納涼祭の片付け

地元自治会の納涼祭があり、その片付けに、子供と参加しました。

いろいろな大人とも、ふれあうこともいいことだなあと思いました。

posted by 平成13年パパ at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

子供と受診

一歳の子供が熱を出し、バタバタしながら、受診しました。

大人でも、体調をコントロールできないことを
考えると、この時期の子供の体調管理は大変です。

4歳の子供は、なんとか治りそうですが、
親としては最善を尽くしたいと思います。

(なんだか、メインブログの裏版になりそうです。)
posted by 平成13年パパ at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

保育園お休みしました。

風邪をひき、夜中にせきをして、ぐっすり寝ていないこともあり、

「保育園どうする?休むなら病院へ行ってお薬をもらってこよう!」

と訊くと、

「病院へ行くから休みたい。」

と答えました。

私も、診てもらい、二人揃って、服薬の日々がスタートしました。

子供は、一日のんびりできたこともあり、

「元気になったから、明日行ってみようかな。」

といいながら、ぐっすり寝てしまいました。

私も寝ます。おやすみなさい。
posted by 平成13年パパ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

「テレビに映っていたのは?」

先日から保育園の送迎時で、中学の同級生や近所の人から

「ニュースでアップになっていたけど…。」

と言われています。

事業準備中の私は、おかげさまで、とある勉強会に参加できました。

その時のニュースのことなのですが、家族はみていません。

私もリアルタイムではみていません。

ですが、結果的にはよかったと思います。

浮かれすぎたり、いい気になって足元を見失ってはいけません。

家族は一番厳しくて、一番優しい存在です。

これからもがんばりたいと思います。
posted by 平成13年パパ at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

テスト

メンテナンス中の表示が出ていますが
書き込んでみます。
posted by 平成13年パパ at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

子供が先に寝ると

久しぶりに書き込みます。

子供と一緒に寝ていますが、
子供が先に寝てしまうと、仕事をこなすチャンスだったりします。

ですが、このパターンは稀で、たいていの場合

「パパが寝たから、寝ようかな?」

みたいに、私のほうが先に寝たりすることが多いです。

今日は朝から通院等、バタバタしました。

メインブログの更新すら先ほどできた状態です。

こんな時間に珍しいと思われるかもしれませんが、
子供が先に寝てしまったので、書いてみました。
posted by 平成13年パパ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

ホタルさん こんばんは

ホタル観察会に4歳の子供と出かけました。

家族連れを対象としていましたので、のんびりできました。

ママと一緒の子供さんの方が多く、

「パパさんお仕事忙しいのだなあ。」

と勝手に思いました。

ホタル一匹もいなかったらどうしようという心配は
杞憂に終わり、何匹かのホタルにあえました。

子供にとっては、

『飛びながら発光する』

ということが一番うれしかったのか
とても、はしゃいでいました。

もっと遅い時間がいいそうなので、
時間をやりくりして見学したいと思います。

関係者の方々、ありがとうございました。

帰り道、

「そういえば、クワガタやカブトもみていないなあ」

と独り言のように言いましたら、

「パパ、ムシキングや仮面ライダーにでてくるよ!」

と子供に言われ、

「これも時代の流れとして、否定することなく受け入れよう」

と思いながらも、昆虫はルールを守って採集するものであり
お店で買うものではないことぐらいは言ってもいいかなと
子供に説明する私なのでした。
posted by 平成13年パパ at 05:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

子供の目覚めが遅い時

今のところ、

『気持ちよく保育園に行く!』

という大前提を大切にしているので、あわてず、ゆっくりと
本人なりのペースで見守っています。

「朝、起きることができないのは、夜起きているから」

この気づきが本人なりに理解できない内は、

せかしたところで、納得できないまま過ごすことになると
思います。

もう少しで、つかんでくれるのではないかと期待しています。

posted by 平成13年パパ at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

子供からのSOS

最近、保育園の迎えや夜一緒に過ごしていないしか

「今日はパパに迎えに来てほしい。」

ということをはっきりと口にしました。

「忙しいから、我慢して」

などというのは簡単ですが
それだと、かつて私が受けた嫌な思い出になってしまいます。

私が伝えたこと

パパはいつもの時間には間に合わない

17:00までならがんばって迎えにいける

子供が守れると言ったこと

17:00まで、先生やお友達と待っていること

話し合いというのは双方で意見をきちんと言い
お互いの話を傾聴する姿勢が大切だと思っています。

どんな結末になるかわかりませんが、
万が一の、いろいろな代替案を含めて

「納得マーク」が笑顔で出せるようがんばります。

posted by 平成13年パパ at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

カエルコール

最近、夜の外出も多くなりました。

4歳の子供との約束で、家に帰るときは、かなならず

『カエルコール』

をすることにしました。

納得マークをだして、楽しんでいるようです。

楽しいことは、継続できると思います。

posted by 平成13年パパ at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

散歩しました

土日、留守にしていたせいか、

子供が

「パパと一緒に遊びたい。」

と言ったので、夕食前に散歩しました。

保育園の通園コースではなく、

昔、ベビーカーで散歩した道を歩きました。

途中、保育園のおともだちにあったり、近所の人にあったりしました。

その時々での受け答えで

「本当に4歳なの!?」と思えるようなしっかりとした発言に

わが子の成長を感じました。

パパも成長したいと思います。
posted by 平成13年パパ at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

1歳の子供も保育園へ

1歳の子供も保育園に行くことにしました。

私は事業準備中ですし、妻には妻の仕事があります。
日頃一番かかわっている私の両親も、現在4歳の子供の時と比べて
確実に年をとっています。

なにより、子供にとってこのまま日中、家族と一緒にいることが
ハッピーなのかな?

という素朴な疑問もあります。

子育て支援についていろいろなことがいわれていますが、
人間、一人ひとりに個性があるように、各家族ごとにも
個性があります。

どうすれば、みんながハッピーになれるのか?

我が家の場合は、みんなで、無理なく、
家庭生活を過ごすための
選択肢の一つです。

優柔不断ではない柔軟性で、まずは家族仲良く暮らせたら

と思います。

ちなみに今回の件で4歳の子供はとても喜んでいました。
posted by 平成13年パパ at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

子供と離れて一泊研修

子供の風邪ひきや、その他いろいろなことをなんとか乗り切った
とホッとしたのもつかの間、事業準備中でもある私は愛知県に
勉強に行きます。

愛知県は、大学時代を過ごしたいわば

『第二の故郷』

みたいなものなので、懐かしくもあり、研修などあっても
友人宅に泊まれるという安心感もあります。

(万博開催中であっても、寝るところが確保されることは
 きわめて、恵まれていると思います。ありがとう友人!)

ですが、子供達を残しての一泊となります。

子供達が寂しがるかどうかは、別問題ですが

単身赴任のパパさんの気持ちが、ほんの少しだけでも
理解できそうです。
posted by 平成13年パパ at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

納得した時のサイン

悩み多き子供といろいろ話をして、とりくみやすい、
無理なくできそうなことを思いつきました。

それは、納得したらサインを出すということです。

(ガッテン、ガッテンみたいな感じです。)

かなり、面白がっています。

説明する方も、追い込まれにくくなりました。

飽きたら、別バージョンも考えてありますので
しばらくは、いけるのではないかと思います。

ですが、説明が悪いと遠慮なく

『ダメ出し』が入ります。

「パパ、それをいうなら○○と言ってくれたほうが、わかりやすいよ。」

親育ての歴史がまた一ページ
posted by 平成13年パパ at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

「みんな怖い」

先日、子供の情緒がとても不安定になりました。

とてもビクビクしている感じがします。

私の幼い頃に匹敵するようなおびえ方とでも
いいましょうか

気づいたら、早めに対処です。

まず、本人と二人きりになり、ゆっくりと話をしました。

すると、大泣きして、

「悪いことしていないのに、みんなおこりんぼになっている!」

「ごめんなさいは、怒った人があとで謝る時に使う言葉だ!」

などなど、苦しかったであろう胸のうちを打ち明けてくれました。

私の子供は、周りの空気にとても敏感です。

私も幼い頃、いろいろな意味で星一徹さんみたいな父親に
育てられて、親の顔色にとても敏感だったので、
偉そうなこともいえませんし、
どれだけ当時、ビクビク、メソメソしていたか、
苦い思い出として一生消えないと思っています。


つまり、注意されるような悪いことをしてはいないのに
何かで迷った時、せかされたり、
わからなくなって思わず泣いてしまっただけなのに、

本人にしてみれば、頭ごなしに

『怒られる』『叱られる』

ことにがまんできなかったのではないかと推測しました。

行動をふりかえると、確かに声がけ一つでも随分乱暴に
なっています。

実際に一緒に過ごす時間も最近減ってきています。

家族にも伝えなくてはと思いましたが、

生まれ育ったその世代、その世代で、ベースとなる考え方が
違うのは当然なので、無理に決めると火に油を注ぎそうです。

『その行動・言動は、自分の大事な人が、

 されたらいやな想いがしないか、よーく考えてからしよう』

と、さりげなく食事中に言ってみました。

『怒る』と『叱る』は違うんだと言う意見がありますが、

発信者側の都合のみで語られては、
受信側はたまったものではありません。

いろいろな事件事故が発生しています。
不景気だと言われています。
ギスギスしたり、モラルも低下しているとされています。

道徳観・倫理観みたいなものは、
むしろ大人社会に欠落しているのではないでしょうか?

ちなみに子供はスッキリしたのか、元に戻ったようで
とても元気になりました。

今日は保育園お休みです。 

「動物園に行きたい。」

と言っていたので、一緒に出かけてみようと思います。

親育て道の歴史がまた一ページ
posted by 平成13年パパ at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

「保育園楽しいね。」

子供が保育園のことをよく話すようになりました。

この言葉をいつ本人の口から出るのか楽しみでもあり、不安でした。

言葉に隠れているかもしれない本音がどこにあるのか
わかりませんが、自発的な発言として受け止めたいです。

早起きにもなりました。

着替えもスムーズです。

早く通園する快感も味わったようです。

新しい環境に挑戦しつづける姿勢、パパも見習いたいと思います。
posted by 平成13年パパ at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

ちゃんと「いってきます」を言わないと

留守番している子供は大変不安がります。

本人の耳に届いているのか、さりげない確認が必要だと思います。

言ったつもりの危険性に気づかされる出来事でした。
posted by 平成13年パパ at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

早起きする子供

おひさま作戦を展開中です。

自然に起きれば、気持ちいいと思います。

そのためには、何よりも早寝が大事です。

パパと一緒にがんばろう。

ママ後は頼みます。
posted by 平成13年パパ at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。